大きいと強い? 小さいとおとなしい?

印鑑イメージ

いろんな人の印鑑を見ていると、それぞれとても特徴的で個性ある印鑑が多いことに気付きます。
たくさんの人の大事な印が押されているような書類では、皆が持っているこだわりの印鑑を見ることができますからね。

仕事関係で使う重要な書類はある役職を持っている人や、各会社の印など非常に重要なものをみることができます。
普通の人にはほとんど見る機会がないものですから、思わず見入ってしまうかもしれませんね。

印鑑にはいろいろな種類がありますが、書体や大きさなどがある程度決められているものもあります。
特に仕事関係の重要な印鑑というものは、制約も多いのです。

印をみていて気になるのが、印の大きさですね。
普通の三文判や認印のときにも気になることですが、普通より大きめの印をみると、その人の主張が強いのではないかと感じてしまいます。

他の人より大きい印を使うことで、自分を大きく見せようとアピールしているように見えるんですよね。
逆に小さめだったり、書体もシンプルなものだとこの人は、おとなしい人なのかなと感じてしまいます。
あまり自分を主張したがらない人なのではないかと、見えてしまうんですよね。

自分で買った印だけではないと思いますので、必ずしもそういった考え方が正しいとは言い切れないのですが、普段自分が何かモノを買うときには、同じようなことがいえると思います。

日ごろ自分が、大きいもの、小さいもの、どちらを選ぶことが多いのかによって、自分の性格もわかってくるかもしれませんね。

〔おすすめ通販サイトご紹介〕

専門店だからこそできる!印鑑の激安通販【日本印章社】
プロが選ぶ高品質素材の印鑑を激安価格でご提供!
個人用のはんこから会社の印鑑、人気のチタン印鑑まですべてがお値打ち価格。

印鑑の種類
http://www.castelmassa.net

役所手続き辞典 | 助成金制度などのサイト
http://www.troisbassins.com/

ページの先頭へ