こんにゃく印鑑?

印鑑イメージ

印鑑といえば、硬い材質を想像する人がほとんどだと思います。
印を押すたびに形が変わってしまってはいけませんから、やわらかいものや変形しやすいものは印鑑には向きませんからね。
天然の素材、人工的な素材、いずれの場合も経年化をしづらいような印材が好んで使われているわけです。

では、もし印鑑がやわらかい材質だったらどうなるでしょうか。
たとえば…印鑑がこんにゃくで出来ていたらどうでしょう。

板コンニャクを使えば、簡単に印鑑用の印材を用意できますから、その表面に加工をしてあげるわけです。形はちょっと違いますけど、おでんなどに入れるリボン型のコンニャクなんていうのもあるぐらいですから、加工はしやすいでしょう。
生ものですし、ふにゃふにゃしていますから、芋版などに比べれば押しづらいと思います。

ですが、最近はいろいろな食材を使って彫刻を施すようなアートを楽しむ人たちも出てきていますので、出来ないことはないと思うんですよね。
そのやわらかさを活かせば、おそらく、おすたびに印の状態が変わることでしょう。

素材がくにゃくにゃしていますから、普通に漢字を彫ったとしても印相体のように、印鑑に相応しい、くねくねした文字が表現できるかもしれません。
後は、人の顔を版画のように彫ってみれば、ゆがんだ顔が表現できるのではないでしょうか。 押すたびに毎度違うため、実用的ではないですけどちょっと遊び感覚で試してみるのも面白いかもしれませんね。

〔WEBサイトのご紹介〕

印鑑ネットでは、実印や銀行印、ゴム印などを中心とした印鑑をご紹介しています!

http://www.inkan-web.com/

印鑑ネットサイトへ

ページの先頭へ