リップスティックのような印鑑

リップスティックのような印鑑イメージ

印鑑の形を見ていると、何か似たようなものを思い浮かべてしまうことがあります。
誰かが印鑑をぱっと出したときに、思わずそれが別のものに見えるようなことを経験したことがある人もいるのではないでしょうか。

私は消しゴムに見えたことがあります。
逆に消しゴムを見ていて、印鑑と間違えそうになったこともあります。

消しゴムは色が白系のものが多いですから、サイズ的にも印鑑にそっくりなものもあるんですよね。
また別のときは、キーホルダーが印鑑に見えたときがあります。

かなり小ぶりの印鑑のように見えたので、どうして印鑑にチェーンをつけて、お財布につけているのだろうと思わず疑問に思ってしまいました。

こう考えると、他にも似たようなものはあるでしょうし、それを真似たような印鑑が登場しても面白いかもしれません。
実際に、なにかの形をまねしたようなデザインの製品はいろんなもので出ていますからね。

たとえば、口紅っぽい印鑑はどうでしょうか。
見た目も女性が喜びそうなデザインにして、キャップをはずし、くるくると持ち手を回せば印を押すための部分が出てくるという感じです。

キャップがしっかりとついていて、しかも普段は中に隠れているわけですから、傷がつく心配も無いですしね。
この場合は、印鑑ケースとして、印鑑と別売りにするのもいいかと思います。

そうすれば、ケースさえ購入すれば今まで持っている印鑑をそのまま利用することが出来ますからね。
ケースがオシャレな印鑑というのはなかなか無いと思います。

これからは見た目や実用性を重視したような、印鑑ケースがたくさん出てくるといいですね。

PR 印鑑のお役立ちサイト

印鑑や実印の暮らしの手続きガイド

Powered by 印鑑辞典

ページの先頭へ